最近の記事 - RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源周りの考察&全体像。

2セルの300mAh(20x50x12mmで22g)か700mAh(32x57x14mmで41g)あたりを予定しているが、微妙に収まりが悪いかな…。
1セルの300mAh(20x40x5mmで7g)あたりが最も収まりがいいが、電圧が低いかな。レギュレーター通したらどうなるだろう。
LiPoって直列で使っても大丈夫かな? 2セルの中は1セルの直列なんだろうか。

っていうか、バッテリーって根本的に高いね…乾電池も高いしね…。

マイコン用の電源はボードにレギュレーターが載っていて7~12V・100mA以上なら大丈夫っぽいので直結か?ダメかな…。
1セルの場合は必要だな。
モータードライバには…モーターの電圧が3.6Vとかなのでレギュレーターがいる。
逆に1セルの場合こっちがレギュレーターいらないか。ダメ?(しつこい)

LiPoの出力が安定していない場合どうなるのかな実験してみないと。
そもそもどでかいステッピングモーターをフル回転でどんだけ回せるのかが心配…。

使うパーツもまとまって来たし良い機会なのでこれらの寸法を元に簡単な図面を引いてみる。

続きを読む >>

スポンサーサイト

単一モードで複数のチャンネルをA/D変換してみる、加速度センサー編。

仕事が忙しいので短め。

ソースはコチラ。 【09/2/10に修正】

RAM2KBとか少なすぎて、タイマーAを使うと容量オーバーするので先祖還りした。
それとA/Dの値が256段階(8ビットシフト)だと送信文字列が1文字ずつ増えるので、64段階(10ビットシフト)に減らした。

HのTiny系は増設も出来ないみたいだし…。
どうしましょ。SHシリーズの使用も考える。

続きを読む >>

単一モードで複数のチャンネルをA/D変換してみる、赤外線センサー編。

H8/3664F(QFP)にはA/D変換のチャンネルが8チャンネルある。(DIP版は4チャンしかないっぽい)
しかしこれらに全部アクセスするためには、前回ボリュームを読むのに使ったスキャンモードでは不可能らしい。

スキャンモードは一度スタートさせるとクリアさせない限りずーっとスキャンし続ける。
チャンネルも、一応設定は出来るが同時には4チャンネル(ADDRA・ADDRB・ADDRC・ADDRD)の結果しか読めない。(多分)

それに比べて単一モードは、スタートさせると「一度だけ」変換を実行してクリアされる。
それと、チャンネル設定の幅が増えて、合計で8チャンネル使用可能になる。

必要な時に必要なタイミングで使えれば良いので、単一モードのほうが有用かな。
用途に応じて使い分けるんだろうけど…。

とりあえずソースはコチラ。

続きを読む >>

H8/3664FのSCIを利用してコンソールにA/D変換した値を表示する。

秋月で販売されているAKI-H8/3052F(3048F)用のマザーボードには各種外部機器(スイッチやらLCD)が簡単に接続できるようになっているが、AKI-H8/3664F用(Tiny)用のI/OボードにはLED2個とスイッチ一つしか搭載されていない。
LEDだけでは大したデバッグは出来ない。

一応、H8/3052FのマザーボードについていたLCDを駆動させることは出来るのだが、ポートを最低でも6個は占有してしまう。
ただでさえポートの少ない3664Fにこれはちょっと厳しいものがある。

ということで、今まで(3052F)は楽という理由でLCDばっかりをデバッグに用いて来たが、いよいよSCIを利用した方法も使っていきたいと思う。

ちなみに基本的にはモニター(RAM上で実行)で作っているので使用ソフトは「Hterm」とする。

今回はお手軽にヴォリューム抵抗の値を読んでみたいと思う。
ボリュームの両端に+5VとGND。
真ん中にPB0(AN0)を接続。

今回使用したソースはコチラ。

テストなので、タイマーも何も使わずとにかく送信できればいいや、というソース。
とりあえず、なんとかコンソールに表示されるようになった。
ad2sci_test_001.gif

続きを読む >>

2次元CAD(製図ソフト)、RootPro CAD 4を試す。

フリーの製図ソフトを探していて、見つけたのが「RootPro CAD 4」というソフト。

もちろん他にも便利そうなのはいくつかあるが、過去に「Jw cad」を使ってみて1日でサジを投げた私でも結構楽に製図できる。
GUIが分かりやすいのである。少々使い勝手の悪さは感じるが、慣れてしまえばひとまず関係ない。
テンプレートやドキュメントも割と豊富。

rootpro_zumen_001.gif

これが30分位で製図した第三角法による製図。練習なので適当だが…。
無料版では点線などのピッチを細かく設定出来ないので、隠れ線やらが怪しい。
というか隠れ線とかの書き方ってこれで合ってたっけ…?

でも、樹脂・アルミ加工業者には、このレベルの図面でも作ってくれる所があるはずなのでとりあえずは使えたことに一安心。
利用する機会があったら報告をする。

他の利用法としては、実寸でシール紙にプリントアウトしてアルミ板などに張り付ければ、そこそこ正確に切断やら穴あけが出来る。

ただ、DXFやPDF等に書き出す機能は有料なので注意。
といっても1万前後だけど…。使いこなせるようならライセンス購入も考えねば。

有効活用していきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。