最近の記事 - RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPCの0.5mmピッチ(多分)端子について。

将来ロボットやマイクロマウスを作るとき、表示機能としてドットマトリクスLEDがあったらかっこいいと思い調べてみた。
自作すればいいんだけれど、基盤自作はやったことがないし贅沢かもしれないが将来を考えると出来るだけコンパクトにしたい。
市販されているのでも結構小さいのがあるけどやっぱり結構分厚かったりでかかったりする。

ふと目を付けたのが使わなくなった携帯電話。
表示器にドットマトリクスが!
超薄型なのでこれは凄そう、と思い分解してみたら出てきたのはペラペラの基盤が…(フレキシブルプリント基板というらしい)
縦横のサイズ的には1辺28mmくらいなので秋月に売っている2色の8*8ドットもののほうが小さい。
でもこれは7*7ドットだけど厚さはもうチップLEDのぶんだけなので是非とも使いたい!

このままでは使えないのでコネクタを接続しようと思って接続面を見ると…。

fpc_01.jpg

半田付け出来る部分細!
過去に何度か同じ0.5mmピッチのチップのハンダ付けはしたことがあったが、今回は話が違う。
コネクタをつけたいのでまずワイヤーをハンダ付けして、それにピンコネクタでも付けようと思っていたが…。
まずそもそも肉眼じゃ何も見えない。デジカメで凄いでかく撮れて驚いたくらいである。
ルーペを使って何とか試行錯誤してみるがもう全く駄目…。

大人しく0.5mmピッチのFPC用のコネクタを探してみる。
ヒロセのFH33シリーズや京セラやらちょっと加工すればはさめそうなのがかなりの数あったのだが、どれも個人で買えそうに無いものばかり。

そんな中で見つけたのが、日本航空電子(JED)のFA5シリーズ。
データシート
ここは個人でも買えそうなので早速近くの販売代理店へ最低ロット数や価格を問い合わせてみた。

結果、最低ロット数50個~で一個143とのこと。
…流石にコネクタ一つに7150円+送料+手数料も払えない。というか50個もいらない。
Yahooオークションとかでも探してみたけれどみつからない…。

もう変なドットマトリクス使わなければいいじゃん、という結論に達しそうだがなんとなく意地に。
結局、コネクタを買った時にハンダ付けするためのベース基盤に使おうと思っていた、秋月のSOP28ピン変換基板に直接くっつけようと思う。
時間が無いので試した結果は後日。

…微妙に失敗しそうな予感がするが…。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://nukopan.blog58.fc2.com/tb.php/14-0119eba9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。