FC2ブログ

最近の記事 - RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッピングモータードライバIC選定。

ハーフマウスに使うので出来る限り小型のものがいい。
ステッピングモータは一応バイポーラー式に決定したので、バイポーラー用、あるいは両対応のものを探す。

パッケージはDIPやZIPのものではちょっとデカイし重い気がする。
書籍などに出てくるTA8415Aあたりは情報が多いので楽そうだがでかすぎる。っていうか売ってないんだが…。

半田付けの面などから考えて、SOPあたりが妥当だろう。
頑張ればQFPやBGAも半田付けできるだろうが…いちいちどでかい変換基盤を使うのも勿体無いしどうしても使いたいのがあったら検討する。
将来的には基盤を発注なりして使いたい。

よって、SOP系・SSOP系・EMP系のICを探してみる。

駆動電流は600mAなのでそれに見合った条件のものを探す。

もう一つ重要なのは外付け部品が少なくてすむ物が理想だ。
物によっては抵抗やらコンデンサーやらと数十個使う場合もある…。
これは重量的にも実装面積的にも勘弁願いたい。

目を付けているのはローム社のBD6381EFV。試したいが、買えなさそう。
サンケン電気のA3966SLB・A3964SLB。
東芝のTD62シリーズ。これはトランジスタアレイ。
他にも探せば沢山出てくるが全部試す余裕など到底ないので、データシートが分かりやすく価格が安いものを選ぶ。

ちょっと気になっているのは日本パルスモーターのPCD4521。
ポートをかなり占有するし多機能でややこしそうだし高いけど、1パッケージで2軸制御できるし試してみたい…。

Digi-Keyでそこそこ揃うので、予算と相談しつつ小ロット・低価格で買えるのを片っ端から注文して試してみたいと思う。

…というか実際に動かしてみないと全体的に良く分からない。
買う前にちゃんと勉強するか…。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://nukopan.blog58.fc2.com/tb.php/23-40734e78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。