最近の記事 - RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッピングモーター駆動実験。

ドライバは届いていないが、ステッピングモーター(以下ステップモーター)を動かしてみたくてたまらない。

手元には2種類のステップモーターが。
stepmotortest_02.jpg
一つは秋月で購入した2相ユニポーラステップモーター。奥のヤツ。でかい。
もう一つは若松通商で購入した2相バイポーラーステップモーター。手前の回ってるやつ。
線が4本なので多分バイポーラーだと思う。
両方データシートは無い。

両方ともステップ角は7.5度。
マイクロマウスに搭載するには実用レベルではないが、安いので実験用に丁度良いかも。

とりあえず回った映像を恥ずかしげも無く公開。


途中カクカクしているのは制御が怪しいせいで電圧が小さいと動かないから。(こっそり電圧上げた)

専用ドライバが無いので、手元にあったDCモータードライバTA7291Sを2個使って回した。
TA7291Sは保護回路付きHブリッジみたいなものだ。

H8/3664Fのポート8のB1~B4に2個のTA7291SのIN1・IN2を接続した。
2個分のOUT1・OUT2、計4本はステッピングモーターへ。
接続図は…載せるまでも無いか。(書けないだけ…今後に期待)
とりあえず写真で濁す。
stepmotortest_01.jpg

この方法ではハーフステップ等の細かい制御は全く出来ない。

TA7291SにはDCモーターを接続するOUT1とOUT2があり、正転・逆転等が出来る代物だ。
しかし、ステッピングモーターを適当に制御するには、出力の両方をHighに出来ないと微妙なので、今回はあくまでテストである。

TA7291SはIN1・IN2の入力とOUT1・OUT2の出力がある。
IN1を1、IN2を0にすると、OUT1が1、OUT2が0となる。逆もまた同じ。

ソースコードはコチラ。

見れば分かるが超シンプルで、ただ回るだけ。
これは…1相励磁でもないし2相励磁でも無い気がするんだけど、なんで回ってるんだろう…。
適当に試していたら動いただけだ。なんとなくは分かるんだけど…。

まだまだ勉強不足だ。
でもとりあえず、バイポーラーとユニポーラーの違いは分かったのでよしとする。

ちなみにこの回路、ちょっと弄ればユニポーラーも接続できる。
…まぁ相変わらず制御は微妙なんだけども…。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://nukopan.blog58.fc2.com/tb.php/24-abb2606c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。